COMOMOアプリでサクサク快適

アプリで開く

open

JP

search

JAPAN KAWAII TRIP COMOMOJAPAN KAWAII TRIP COMOMO

TIMELINE

大切な人へのお土産にも♡
宮城に行ったらチェックしておきたい 伝統工芸品6選

ショッピング

大切な人へのお土産にも♡
宮城に行ったらチェックしておきたい 伝統工芸品6選

13794views / 4likes

2017.11.17

byCOMOMO編集部

高い機能性と美しさを兼ね備えた伝統工芸品は、大切な方へのお土産にぴったり。
宮城では伝統を受け継ぎながら、日々使う人のニーズにあわせた匠の技が光る工芸品がたくさんあります。
今回はその中から厳選してご紹介します。

古くて新しい癒しキャラ
こけし

こけしは、湯治の土産物として、子供のおもちゃの人形として使われていました。
その素朴な魅力に今、日本全国を巻き込んだブームが到来しています。

遠刈田系こけしはキリッとした目元に、可愛い笑顔が特長です。

https://www.instagram.com/atanycost7c/ https://www.instagram.com/atanycost7c/

仙台木地製作所 ラスタこけし・インディゴこけし

WHERE IS IT?

Google Mapで開く

住所 仙台木地製作所
宮城県仙台市青葉区芋沢字大竹新田下30
連絡先 022-394-3005
URL http://www.sendaikiji-c.com/

鳴子系こけしは、ほわんとした古風な日本美人といった顔立ちで癒されます。

他にも宮城のこけしには、カラフルな弥治郎系。シャープな顔立ちの作並系、個性派の肘折系があります。

https://www.instagram.com/muraccho89/ https://www.instagram.com/muraccho89/

鳴子系こけし

WHERE IS IT?

Google Mapで開く

住所 日本こけし館
宮城県大崎市鳴子温泉字尿前74-2
連絡先 0229-83-3600
URL http://www.kokesikan.com/

古くから仙台庶民に親しまれてきた青いだるま
松川だるま

縁起物として広く親しまれているだるまは一般的には赤ですが、仙台では青いだるまが当たり前。
近年はライフスタイルやモノに対する意識の変化から、信仰対象としての存在とあわせて民芸品、工芸品として愛されています。

https://www.instagram.com/harumikata/ https://www.instagram.com/harumikata/

松川だるま

WHERE IS IT?

Google Mapで開く

住所 本郷だるま屋
宮城県仙台市青葉区川平4-32-12
連絡先 022-347-4837

丁寧な手仕事が温もりを感じる実用品
しの竹細工(しのたけざいく)

しの竹細工は、岩出山第四代城主である伊達村泰が京都から職人を呼び、藩士の手仕事として学ばせたのがはじまりです。
しの竹細工のなかでも人気があるのは、指先に優しく水切れをよいとされる「米とぎざる」です。
サイズもいろいろなので、米とぎ以外に洗った野菜の水切りや湯切り、果物や野菜の入れ物としてなど、様々な用途で使えます。

https://www.instagram.com/hiro164wa/ https://www.instagram.com/hiro164wa/

しの竹細工 米とぎざる

WHERE IS IT?

Google Mapで開く

住所 大崎市 竹工芸館
宮城県大崎市岩出山ニノ構115
連絡先 0229-73-1850
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜日、年末年始

伝統を守りながらモダンな魅力も兼ね備えた漆器
仙台堆朱(せんだいついしゅ)

堆朱(ついしゅ)とは、漆器づくりの技法のひとつで、赤い漆を何層にも厚く塗り重ねて絵柄を彫刻したものです。
仙台堆朱のはじまりは、明治の末期。
新潟県村上堆朱の職人だった川崎栄之丞が仙台にやって来て、その基礎を築いたと言われています。
レトロモダンな雰囲気をもつ器は、おやつタイムにお菓子やフルーツをのせたり、使い勝手がよく便利です。

https://www.instagram.com/c_hika_pan27/ https://www.instagram.com/c_hika_pan27/

仙台堆朱 小皿

WHERE IS IT?

Google Mapで開く

住所 藤崎本店 本館6階 美術ギャラリー
宮城県仙台市青葉区一番町3-2-17
連絡先 022-261-5111(代表)

300年以上の伝統をもつ、素朴であたたかな陶器
堤焼(つつみやき)

堤焼は茶道に通じた伊達藩主の器などを作る御用窯として江戸時代にはじまり、後に甕や鉢、皿をはじめとする庶民の生活雑器を生産するようになりました。
すべてが手作業であること、焼きの具合によっても釉薬の表情がそれぞれ異なるため、どれもが一点もののような魅力があります。

https://www.instagram.com/_pontax/ https://www.instagram.com/_pontax/

堤焼 コーヒーカップ

WHERE IS IT?

Google Mapで開く

住所 堤焼乾馬窯(つつみやきけんばがま)
宮城県仙台市泉区上谷刈字赤坂8-4
連絡先 022-372-3639
URL http://tsutsumiyaki.net/
営業時間 9:00 ~ 18:00

用と美にこだわった伝統的な漆器
玉虫塗(たまむしぬり)

玉虫塗は、昭和7年に国策によって開発された新しい伝統的工芸。
実は仙台は近代工芸デザイン発祥の地でもあります。
漆器は手入れが大変ですが、玉虫塗はなんと食洗器にいれても大丈夫です。
美しさだけではなく、使い勝手のよさにもこだわっている玉虫塗は、食器以外にステーショナリーやインテリアグッズもあります。

https://www.instagram.com/kawai0226/ https://www.instagram.com/kawai0226/

玉虫塗 こけしの小箱

WHERE IS IT?

Google Mapで開く

住所 東北工芸製作所
宮城県仙台市青葉区上杉3-3-20
連絡先 022-222-5401
URL http://www.t-kogei.co.jp/

時間がない!
伝統工芸品をまとめて見たい!
買いたいときは?

宮城の工芸・民芸品をそろえたSHOPを利用するのが便利です。

彩りそえる しまぬき 本店
宮城県仙台市青葉区一番町3-1-17
022-223-2370
営業時間: 10:30~19:30
http://www.shimanuki.co.jp/

伊達のこみち 東北めぐり いろといろ
仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅 エスパル仙台 東館 2F
022-385-6245
10:00~21:00

COMOMO編集部

WRITER

COMOMO編集部

PROFILE
COMOMOは日本各地のリアルな“KAWAII CULTURE”を発信するメディアです。
思わず真似をしたくなるような旅やスポットをメインにオシャレ・お土産・グルメなど幅広い情報を世界に向けてお届けします。

TIMELINE

投稿する